福岡から全国に向けて新品・中古コンテナを販売・レンタル

Home 9 コラム(コンテナについて)

コラム(コンテナについて)

コンテナハウスについて

コンテナハウスについて

① コンテナハウスの規格を知る コンテナのサイズ 建築に用いられるコンテナは、20フィートコンテナと40フィートコンテナに分かれます。フィートという規格は日本人にとって馴染みのない単位ですが、メートル等に換算すると以下のようになります。 フィート数 20 40 長さ(m) 6.058 12.192 幅(m) 2.348 2.348 高さ(m...

国際物流混乱によるコンテナ価格高止まり

国際物流混乱によるコンテナ価格高止まり

※2021年8月時点の記事になります 2020年末頃からCOVID-19(新型コロナ)を発端として、世界的な物流の混乱が発生しました。 特に世界の工場と言われる中国での生産停止は世界各地での物資不足を招きました。...

コンテナ海上輸送の運賃が上昇する原因について

コンテナ海上輸送の運賃が上昇する原因について

コンテナ海上輸送の運賃は複数の原因によって、上下しています。 以下は日本から北米西岸向けの40FTコンテナの海上輸送運賃を2014年~2020年11月までの推移をグラフにしたものです。 参照:日本→北米西岸の海上運賃推移(40FTコンテナ) – 統計出典:公益財団法人 日本海事センターHP...

コンテナ不足が発生する原因について

コンテナ不足が発生する原因について

様々なトラブルによって、市場(マーケット)からコンテナが不足し、輸出に大きな影響を及ぼすことがあります。特にCOVID-19(新型コロナ)の影響を受け、深刻なコンテナ不足がアジア域で2020年末頃から発生しました。...

コンテナのハンドリングについて

コンテナのハンドリングについて

コンテナは海上輸送、鉄道輸送などを効率化するために開発されましたが、効率化とはいったいなんでしょうか? 箱型にすることで段積みすることが出来るため、輸送量が増える=効率化というのが一般的なイメージではないでしょうか。ですが、物流の観点から見るとコンテナ化することで劇的に輸送量が増えたわけではありません。...

コンテナの長さについて

コンテナの長さについて

コンテナ別の内寸と開口部を一挙紹介! コンテナは輸送効率化するため、1920年頃からアメリカで使用を開始されました。当初は鉄道輸送で採用されていましたが、今では海上輸送の中心となっています。 海上輸送を行う上で、コンテナは国際規格が定められ、大量に生産される時代を迎えました。...

ヤマシタコンテナサービス

ヤマシタコンテナサービス


ヤマシタ コンテナサービスでは独自のルートで高品質な中古コンテナを福岡県を中心に全国に向けて販売・レンタルしています。

「こんなコンテナがほしい」「複数台のコンテナを購入したい」「輸送はどこまで大丈夫?」「設置できるか心配…」など、お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

TEL:092-408-3561